MVNOSIM(格安SIM)を使う
MVNOSIM(格安SIM)を使う > スマートフォン > 「赤色のSIMカード」と「ピンク色のSIMカード」

「赤色のSIMカード」と「ピンク色のSIMカード」

「docomo」には2種類のSIMがある

現在MVNOサービス業者はほとんどが「docomo」系です。そのためMVNOを契約すると「docomo」のSIMカードが送られてくるのですが、実はこのカード台紙には「赤色のSIMカード」と「ピンク色のSIMカード」の二通りがあります。

 

実際の使用にはどちらのカードでも差がないのですが、厳密に言えば「赤色のSIMカード」と「ピンク色のSIMカード」では「おサイフケータイ」で使えるサービスが異なります。

 

赤色のSIMカード

red_sim

 

「赤色のSIMカード」の場合、使うことが出来るのは「FeliCa方式」のサービスです。
「FeliCa(フェリカ)」は、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式で、日本では一般的に使用されているものです。対応しているものには「Suica」や「Edy」があります。

携帯電話やスマートフォンが対応していれば、「MVNO」であっても「FeliCa方式」の「おサイフケータイ」を使うことが出来ます。

 

ピンク色のSIMカード

pink_sim

 

最近MVNOでSIMカードをもらうと今までの「赤色のSIMカード」に変わって「ピンク色のSIMカード」をもらうことが多いです。

「ピンク色のSIMカード」は「赤色のSIMカード」の機能に加えて、NFC対応端末の「TypeA/B方式」のサービスにも対応しています。
これは海外で主流となっている「NFC」による決済方式で、主にアメリカやヨーロッパで使われている規格です。

 

このため国内で使う場合には、今のところ「赤色のSIMカード」と「ピンク色のSIMカード」のどちらでも差がないことになります。

 

Pocket