MVNOSIM(格安SIM)を使う

APN設定 -iOS7以降編-

1.iOS7以降のAPN設定

iPhoneでMVNOSIMを使う場合もあると思いますが、androidスマホ同様にAPNの設定が必要です。

 

iOS6までは「設定」-「モバイルデータ通信」にAPNを設定する項目があったのですが、iOS7以降この項目は隠されてしまいandroidスマホのように手動で簡単に設定することが出来なくなりました。

 

注:SIMフリーiPhoneも同様です。

 

2.APN構成プロファイルを使う

ほぼ全てのMVNO事業者のWebサイトには、iOS用の「APN構成プロファイル」が準備してあります。
iPhoneの標準ブラウザ「safari」で指定されたURLを入力するか、「APN構成プロファイル」へのリンクをタップすると「APNプロファイルインストール画面」になるのでインストールすればOKです。

 

注:「safari」以外のブラウザ「Firefox」や「Google Chrome」では 「プロファイルインストール画面」に遷移しない場合が多いようです。

設定例:iijmioの場合

iosapn01
1.MVNO事業者のWebサイトから「構成プロファイル」をタップする。

 

iosapn01
2.プロファイル名を確認し右上の「インストール」をタップする。

 

iosapn01
3.設定した「パスコード」を入力する。

 

iosapn01
4.右上の「インストール」をタップする。

 

iosapn01
5.画面下の「インストール」をタップする。

 

iosapn01
6.インストールされたプロファイルを確認し、右上の「完了」をタップする。

 

 

3.iPhone構成ユーティリティ

MVNO事業者のサイトにiOS用の「APN構成プロファイル」が準備してない場合は(滅多にないと思いますが・・)「iPhone構成ユーティリティ」を使って「APN構成プロファイル」を作る必要があります。

 

注:2015年2月20日現在、windows用の「iPhone構成ユーティリティ」はダウンロード出来なくなっています。
  (ios8での不具合があるためユーティリティの公開は終了したようです)

 

4.APN設定の切り替え

iOSではandroidの様に複数のAPN設定を保存しておいて、それぞれを切り替えて使うといったことが出来ません。
古いAPN設定を削除してから、新しいAPN設定をインストールすることになっています。

 

このための筆者はいちいちダウンロードする手間を省くため次のように行っています。

 

 1.各MVNO事業者の「APN構成プロファイル」をダウンロードする。

 

 2.メールに「APN構成プロファイル」を添付してiPhoneに送る。

 

 3.APNの設定は必要な時にその都度保存したメールの添付ファイルから「APN構成プロファイル」をインストールする。

 

筆者はAndroidとiPhone両方のユーザーですが、「APN構成プロファイル」の更改終了といい、「SIMフリーiPhone」の日本での発売停止の件と最近では「apple」に不信感を抱いています・・
また最近ハイスペックのAndroidスマホがそこそこの金額で手に入るようになってからは、Androidを使用する割合が増えています。

 

Pocket