MVNOSIM(格安SIM)を使う

APN設定 -Android編-

1.APNとは

APN(Access Point Name)とは携帯電話やスマートフォンでデータ通信を行うために必要な「接続先情報」のことです。

大手キャリアで使用するスマートフォンは、あらかじめ自社のAPNが設定されているため特段意識することはありませんが、MVNO業者の回線を使用する場合には自分で設定する必要があります。

 

2.APNの設定項目

APNの設定は「設定」-「無線とネットワーク」から、「その他」-「モバイルネットワーク」-「アクセスポイント名」と順にタップしていきます。
APNの設定は「メニュー」から「新しいAPN」をタップして行います。大手のMVNO事業者の設定値は既にセットされていて一覧から選ぶだけであることが多いのですが、一覧に記載が無い場合は自分で項目を設定する必要があります。

mate7_09

APNの設定項目ですが、多岐にわたっていて全部で19項目があります。このうち赤字で示した部分が特に重要になります。
通常はMVNO事業者のWebサイトで設定項目が表示されていますので、それに従って設定をしていく形になります。

mate7_10

項目意味設定値
名前表示名任意の名前
APNアクセスポイント名指定された値
プロキシhttpプロキシ名
ポートhttpポート番号
ユーザー名アクセス認証用指定された値
パスワードアクセス認証用指定された値
サーバーWAPサーバー名
MMSCMMS用設定
MMSプロキシMMS用設定
MMSポートMMS用設定
MCC国番号440(日本)
MNC通信事業者番号10(docomo),20(softbank),50(KDDI)
認証タイプPPP接続用PAP,HAP,両方
APNタイプAPN通信用
APNプロトコルAPN通信用IPv4,IPv6,IPv4/IPv6
APNローミングプロトコルAPN通信用IPv4,IPv6,IPv4/IPv6
ベアラ-指定なし
MVNOタイプなし
MVNO値

注:上記はAndroid4.4での設定項目です。

 

Pocket