MVNOSIM・格安SIMを使う
MVNOSIM・格安SIMを使う > おすすめのMVNO > iPhoneXの価格は? SIMフリーモデルとキャリアモデルを比較する

「iPhone X」SIMフリーモデルで格安SIM運用はお得なのか

最終更新日:2017年10月24日

iPhone Xと格安SIM


いよいよ今月27日から待望のiPhone Xの予約が始まります。
iPhone Xは、全面ガラスや顔認証でとて魅力的な端末に仕上がっているようですが、その分価格もかなり高額です。

 

いままでSIMフリーiPhoneを購入して格安SIMでお得に運用していた人も、iPhone Xの金額ではどうなるのかきになります。
今まで通りSIMフリーiPhoneを購入して格安SIMで運用した場合と、大手キャリアに戻った場合とどちらがお得か試算してみました。

 

比較条件と注意点

携帯代金は、使う人の環境や使用方法によって大きく異なります。また大手キャリアでは、様々な料金プランや割引制度があり、とてもわかりにくくなっています。

 

しかしここではあえて比較するため、以下の条件で試算することにしました。
 ・iPhoneX 256GBモデルを購入
 ・条件内で最も安くなるプランを選択
 ・機種変更で現行機の下取り代金は考慮しない
 ・パケットシェアは使わない
 ・インターネット回線などとの抱き合わせはしない
 ・期間限定やショップ独自のキャンペーンは考慮しない
 ・金額はすべて税込み価格で表示しています。

 

注意:この記事を執筆した時点(2017年9月28日)では、auとSoftBankの機種代金が発表されていません。機種代金や割引き額はこれまでの実績(iPhone8等)を参考にしています。

 

通信量が2GB未満のライトユーザー

まず格安SIMを使うことが多いライトユーザーの場合です。
条件として
 ・一ヶ月のパケット使用量が2GB以内
 ・電話回線を使った音声通話が1回5分以内で月30回程度

の条件で試算してみました。

 

MVNO「楽天モバイル」

 ・機種代金 140,184円(AppleStore一括)
 ・月額料金
   通話SIM3.1GB 1,728円
   5分かけ放題 918円
   月額料金 2,646円
   二年間総額 63,504円

 

 ・毎月の支払額 2,646円
  二年間の支払総額 203,688円

 

docomo

 ・機種代金 143,856円
   24か月分割 5,994円
   月々サポート ▲2,376円
   月支払額 3,618円
   二年間総額 86,832円
 ・月額料金
   カケホーダイライト 1,836円
   データSパック(2GB) 3,780円
   SPモード 324円
   月額料金 5,940円
   二年間総額 142,560円

 

 ・毎月の支払額 9,558円
  二年間の支払総額 229,392円

 

au

 ・機種代金 146,400円
  「アップグレードプログラムEX」で計算(48回払いで25ヶ月目に売却)
   48か月分割 3,050円
   UGプログラム 390円
   月支払額 3,440円
   二年間総額 82,560円
 ・月額料金
   ぴたっとプラン スーパーカケホ1~2GB 4,838円
   LET NET 324円
   月額料金 5,162円
   二年間総額 123,888円

 

 ・毎月の支払額 8,602円
  二年間の支払総額 206,448円

 

SoftBank

 ・機種代金 149,280円
  「半額サポートfor iPhone」で計算(48回払いで25ヶ月目に売却)
   48か月分割 3,110円
   月々割 ▲1,405円
   月支払額 1,705円
   二年間総額 40,920円
 ・月額料金
   スマ放題 2,916円
   データ定額ミニ(2GB) 3,780円
   ウエブ使用料 324円
   月額料金 7,020円
   二年間総額 168,480円

 

 ・毎月の支払額 8,725円
  二年間の支払総額 209,400円

 

通信量が30GB未満のヘビーユーザー

次に大手キャリアに多いヘビーユーザーの場合です。
条件として
 ・一ヶ月のパケット使用量が30GB以内
 ・電話回線を使った音声通話が多くかけ放題プラン必須

の条件で試算してみました。

 

MVNO「楽天モバイル」

 ・機種代金 140,184円(AppleStore一括)
 ・月額料金
   通話SIM 30GB 6,642円
   楽天でんわかけ放題 2,570円
   月額料金 9,212円
   二年間総額 361,272円

 

 ・毎月の支払額 8,530円
  二年間の支払総額 334,520円

 

docomo

 ・機種代金 143,856円
   24か月分割 5,994円
   月々サポート ▲2,376円
   月支払額 3,618円
   二年間総額 86,832円
 ・月額料金
   カケホーダイ 2,916円
   データLLパック 8,640円
   SPモード 324円
   月額料金 11,880円
   二年間総額 285,120円

 

 ・毎月の支払額 15,498円
  二年間の支払総額 371,952円

 

au

 ・機種代金 146,400円
  「アップグレードプログラムEX」で計算(48回払いで25ヶ月目に売却)
   48か月分割 3,050円
   UGプログラム 390円
   月支払額 3,440円
   二年間総額 82,560円
 ・月額料金
   ラットプラン カケホ30GB 10,260円
   LET NET 324円
   月額料金 10,584円
   二年間総額 254,016円

 

 ・毎月の支払額 14,024円
  二年間の支払総額 336,576円

 

SoftBank

 ・機種代金 149,280円
  「半額サポートfor iPhone」で計算(48回払いで25ヶ月目に売却)
   48か月分割 3,110円
   月々割 ▲1,405円
   月支払額 1,705円
   二年間総額 40,920円
 ・月額料金
   スマ放題 2,916円
   データ定額 50GB 7,560円
   ウエブ使用料 324円
   月額料金 10,800円
   二年間総額 259,200円

 

 ・毎月の支払額 12,505円
  二年間の支払総額 300,120円

 

まとめ

 
 ライトユーザー
~2GB
ヘビーユーザー
~30GB
楽天モバイル2,646円/月
203,688円/2年
8,530円/月
334,520円/2年
docomo9,558円/月
229,392円/2年
15,498円/月
371,952円/2年
au8,602円/月
206,448円/2年
14,024円/月
336,576円/2年
SoftBank8,725円/月
209,400円/2年
12,505円/月
300,120円/2年

 

この試算では、データ通信量が2GB未満のライトユーザーは「楽天モバイル」、30GBをこえるようなヘビユーザーは「SoftBank」に軍配が上がりました。 が・・
家族構成や自宅のインターネット回線などを考えると、結局人それぞれっていうことになりそうです。

 

これからauとSoftBankの機種代金や月割りなどの割引き条件が発表になると、具体的な比較が出来ると思います。
しかしiPhone7の時代までは「SIMフリーモデル」+「格安SIM」にかなりのバンテージがありましたが、iPhoneXのようにここまで機種代金が高騰すると、考えを変えないとダメですね。

 

でも二年縛りや複雑怪奇な料金体系を考えると、やはり自由を求めて「SIMフリーモデル」にしてしまうと思います。

 

Pocket