MVNOSIM・格安SIMを使う
MVNOSIM・格安SIMを使う > 気になるMVNOニュース > 気になるニュース-2015年7月分

気になるニュース-2015年7月分

「OCN モバイル ONE」に「カウントフリー機能」追加

 「OCN モバイル ONE」では「050 plus」、「マイポケット」、「OCNモバイルONEアプリ」の利用で発生するデータ通信パケットについて、「OCNモバイルONE」の各コースで規定されている通信容量には含めない「カウントフリー機能」の提供を、2015年7月27日より開始されます。

これにより、「OCNモバイルONE」では通信容量を気にせず、「050 plus」、「マイポケット」、「OCNモバイルONEアプリ」を利用することができることになります。

2015年7月27日

 

News release:「OCN モバイル ONE」

 

「DMM mobile」の7GBプランの料金を改定

 「DMM mobile」では「Wonderlink」のプラン改定に対抗するため7GBプランを改定しました。「データSIM7GBプラン」は1,880円が1,860円に、音声通話対応の「通話SIM7GBプラン」は2,580円が2,560円に値下げされました。

2015年7月25日

 

News release:「DMM mobile」

 

「Wonderlink」がプランを改訂「使い放題プラン」を新設

 パナソニック コンシューマーマーケティングが運営するMVNOサービスの「Wonderlink」はプランの改定を行い新たに「F-使い放題700」プランを新設しました。これは700kbps使い放題プランですが、月間1GBまでは下り最大225Mbpsで通信することが出来ます。
また合わせて「LTE Iシリーズ」も月間通信容量が増額され3~7GBとなっています。

2015年7月18日

 

News release:「Wonderlink」

 

「FREETEL」がプランを一新「使った分だけ安心プラン」を提供

プラスワン・マーケティングが運営するMVNOサービスの「freetel」が新たに「FREETEL」となり、これに合わせて通信プランも利用したデータ量に応じて、後から最適プランで請求する「使った分だけ安心プラン」となりました。
なお従来の「フリモバ」ユーザーが新「FREETEL SIM」に移行する場合は、初期手数料が無料となります。

2015年7月15日

 

News release:FREETEL「使った分だけの安心プラン」

 

「BBIQスマホSIM a」を8月3日から開始

九州通信ネットワークが手掛ける「BBIQスマホSIM」は8月3日からauの回線を利用したMVNOサービス「BBIQスマホSIM a」を開始する。これまでのdocomo回線を利用した「BBIQスマホSIM d」と2つの回線のMVNOサービスを行うことになる。
2015年9月30日までに、新規に「BBIQスマホSIM a」を契約すると初期手数料が無料となるほか、事前クーポンで6ヶ月間300円割引となるキャンペーンを実施中。

2015年7月14日

 

News release:「BBIQスマホSIM a」

 

「docomo」SIMロック解除の受付条件を一部変更

「NTT docomo」はSIMロック解除の条件の一部を変更し、既にSIMロック解除を利用したことがある回線については、「前回のSIMロック解除から6カ月以上経過」していれば、新機種を購入しても即日解除できるようになる。

2015年7月7日

 

News release:SIMロック解除の受付条件を一部変更

 

「mineo」最低利用期間および解約精算金の撤廃

「mineo」は利用開始翌月から12カ月間以内に解約する場合、解約精算金9,500円が発生していましたが、2015年7月1日よりこれらが撤廃されました。
ただしデュアルタイプの場合、MNP転出時には「MNP転出手数料」として2,000円(利用開始翌月から12カ月以内は11,500円)がかかります。

2015年7月1日

 

News release:最低利用期間および解約精算金の撤廃について

 

ソフトバンクがMVNO事業を推進する子会社

ソフトバンクモバイルは子会社「SBパートナーズ株式会社」と様々な産業分野のパートナー企業との協業を通じて「MVNO事業」を推進していくことになったと発表しました。

2015年7月1日

 

News release:MVNOへの取り組みについて

 

  

Pocket