MVNOSIM(格安SIM)を使う

hi-ho LTE typeD

概要

hiho
hi-hoはIIJグループのプロバイダー事業を行う「hi-ho」が手がけるMVNOサービスです。
SIMのみのコースでも接続料金を1年間前払で割引する「1年パック割」コースや7GBを共有する「ファミリーシェア」コースなどがあります。
またHPに大きくは掲載されていませんが、通話対応SIMを申し込むことも出来ます。

 


 

プラン一覧

プラン名月額料金最大DL速度通信量上限SIM枚数
エントリー770円375Mbps2GB/月1枚
ミニマムスタート 933円375Mbps3GB/月1枚
アソート1,409円375Mbps3GB/月3枚
ファミリーシェア2,838円375Mbps10GB/月3枚

*金額は税抜き価格です

 

その他

初期費用3,000円
最低利用月数
1年(1年パックを除く)
解約料データSIM:5,000円(1年パックを除く)
通話SIM:利用残月×1,000円
通話SIMオプション700円/月
SMS付きオプション140円/月
通信速度規制366MB/直近3日間
制限時速度200kbps
容量追加200円/100MB(1GBまで)
データ繰り越し翌月末まで
店頭対応×
その他

*金額は税抜き価格です

 

お勧めポイント

 icon-check 1年パック割でさらに安く
 icon-check SIM3枚が使えるコースがある

 

特徴

1年パック割で料金がさらに安く

hi-hoには他のMVNO業者にはない「ミニマムスタート1年パック割」と言う「1年一括前払いプラン」があります。
このプランは「ミニマムスタート」と同じ内容ですが、利用料金を1年分前払いすることによって、「ミニマムスタート」プランと比べて100円/月安くなっています。
ただ途中解約した場合に未使用分は戻らないので、他社で魅力的なプランが発売されたり容量不足に陥っても、うかつには乗換が出来ないので注意が必要です。

 

SIM3枚が使えるコースがある

hi-hoには「アソート」及び「ファミリーシェア」のSIMが最大3枚まで申し込めるプランがあります。
一人で複数の端末を持っている方や家族でお得にシェアしたい人にはお勧め出来るプランです。

 

注意点

hi-hoを使う上での注意点ですが、「1年パック割」プランを除いて1年間の最低利用期間と残月数に応じた違約金がある点です。
多くのMVNO事業者では、データSIMに最低利用期間を設定していないところがほとんどなので、この点はちょっといただけません・・

 

お勧め度

おすすめ度   st4

 

購入・申込先   hi-ho LTE typeD ミニマムスタート

 

Pocket