MVNOSIM・格安SIMを使う

b-mobile

概要


ウィルコムから回線の提供を受けて、日本初のMVNOサービスを提供したのが「b-mobile」です。段階定額制SIMなどユーザー向けサービスはもちろん、MVNOだけではなくMVNEにも進出しています。
また最近ではソフトバンク回線を用いた格安SIMを展開しています。これは長年開放してこなかったSoftbank回線では日本初のサービスです。

 

プラン一覧

プラン名月額料金最大DL速度通信量上限SIM枚数
おかわりSIM 5段階定額500円~1,500円225Mbps5GB/月1枚
おかわりSIM 5段階定額
SMS付き
630円~1,630円225Mbps5GB/月1枚
25GB定額2,380円225Mbps25GB/月1枚
25GB定額 SMS付き2,510円225Mbps25GB/月1枚
25GB定額 音声付3,180円225Mbps25GB/月1枚
開幕SIM 1GB880円187.5Mbps1GB/月1枚
開幕SIM 3GB1,580円187.5Mbps3GB/月1枚
開幕SIM 7GB2,980円187.5Mbps7GB/月1枚
開幕SIM 30GB4,980円187.5Mbps25GB/月1枚

*金額は税抜き価格です

 

その他

初期費用3,000円
最低利用月数データSIM:無し
音声SIM:5ヶ月
解約料データSIM:無し
音声SIM:8,000円
SMS付きオプション無し
通信速度規制無し
制限時速度200Kbps
容量追加300円/100MB
データ繰り越し無し
店頭対応
電話かけ放題500円/3分
その他

*金額は税抜き価格です

 

お勧めポイント

開幕SIM

b-mobileはその時々で様々なサービスを打ち出していますが、現在一番話題となっているのがソフトバンク回線を用いた「開幕SIM」です。
ソフトバンクは長年MVVNOに回線を開放してきませんでしたが、最近になり日本通信との交渉が終わったという事で、日本初のSoftbank回線を用いた格安SIMの販売となりました。
このSIMを使う事でソフトバンクで販売された機種をSIMロック解除なしで使う事ができます。

 

5段階定額の「おかわりSIM」

2015年6月10日から追加された5段階定額の「おかわりSIM」は、1GBまでは月額500円で使用することができ、その後は1GB毎に250円が追加されていく料金プランです。
5GB(1,500円)が上限でそれ以降は最大200kbpsに速度制限されますが、追加のチャージも可能となっています。
月によって異なるデータ使用量を気のすることなく高速通信ができ、使った分だけが請求されるとても魅力的なプランとなっています。

 

携帯電話用SIM

b-mobileが提供するもう一つのサービスが音声通話専用プランである「携帯電話用SIM」です。
これはデータ通信の利用が不可能で、音声通話とSMSだけが利用可能という変わったSIMカードで、機種変更して余ったFOMA世代の携帯電話にさして使うという使い方をします。
プランによって付属する無料通話の量が異なり最大178分の無料通話ができるので、子供や老人に連絡用に持たせたいという場合などはうってつけです。

 

お勧め度

おすすめ度  st5

購入・申込先  b-mobile おかわりSIM

 

Pocket