MVNOSIM(格安SIM)を使う

MVNOと格安SIM

1. MVNOについて知る

最近よく聞くMVNOですがいったいどういったものでしょうか?

 

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、Mobile Virtual Network Operator, MVNO)は、携帯電話やPHSなどの物理的な移動体回線網を自社では持たないで、実際に保有する他の事業者から借りて(再販を受けて)、自社ブランドで通信サービスを行う事業者のこと。
引用:MVNO-wikipedia

 

要するに「NTTdocomo」や「au」などの「キャリア」から回線を借りて、その回線を私達一般ユーザーに貸し出す提供する会社です。インターネットのプロバイダを想像していただければ解り易いと思います。

 

注:「格安SIM」とも呼ばることもあります。

 

2.普通のスマホとどこが違うの?

MVNOを利用している人のスマホを見てみるとわかりますが、回線種別は「docomo」や「au」と表示されています。
見た目や回線種別は同じなのにどこが違うかと言えば、各キャリアにはない「格安なプラン」が色々と用意されていることです。

 

通常「docomo」や「au」「softbank」でスマホを契約すると7,000円前後の通信費がかかりるのが普通ですが、MVNO業者では500円からデータプランが用意されています。

 

MVNOの一番大きなメリットは、「通信費を節約」することができることです。

 

Pocket