MVNOSIM・格安SIMを使う
MVNOSIM・格安SIMを使う > MVNOとは > SIMロック解除義務化でどう変わったのか

SIMロック解除義務化でどう変わったのか

1.SIMロック解除の義務化

2015年5月から「SIMロック解除」が義務化されました。
これは総務省が発表した「SIMロック解除に関するガイドライン(H26年12月改正)」に従った形で始まったものです。

 

このガイドラインではSIMロック解除に関しては

・事業者は、原則として自らが販売した全ての端末についてSIMロック解除に応じる。
・公正な競争又は利用者の利便を損なわない場合は、SIMロック解除に応じないことができる。
・インターネットや電話などの容易な方法により、無料でSIMロックの解除を行う。
・不適切な行為を防止するために、最低限必要な期間はSIMロック解除に応じないことができる。

となりました。これを受けて「docomo」と「au」がそれぞれSIMロック解除の方法を発表しています。

 

2.docomo

 docomoでは以前からSIMロック解除を行っていましたが、2015年5月以降に発売されるスマートフォンは新しい基準で対応することになりました。

 

新旧制度の対応表です。

 2015年4月30日までに
発売された機種
2015年5月1日以降に
発売された機種
受付方法ドコモショップ店頭ドコモショップ店頭
電話受付
インターネット受付
事務手数料
(税抜き)
3,000円店頭:3,000円
電話:3,000円
インターネット:無料
解除可能時期制限無し購入日から6ヶ月経過後
解約日から3ヶ月以内
解除申請者誰でも可端末を購入した本人のみ

この中で次の部分に関しては、以前の制度に比べて改悪されてしまった箇所です。特に

 ・残債がなくても購入日から6ヶ月間はSIMロック解除が出来ない。
 ・SIMロック解除は端末を購入した本人のみ。

と今までに比べて大変厳しい状況になってしまいました。

 

今までの様に新しい端末を海外で現地のSIMを使うことも出来なくなります。
また譲ってもらったスマホや白ロムを購入して、他キャリアやau系のMVNOで使いたい場合もSIMロック解除が出来ないので使うことが出来ません。

明らかな劣化です。

 

docomo:「2015年5月以降に発売された機種の手続き」

 

3.au

auの場合は2015年5月以降に発売されるスマートフォン(特例として「Galaxy S6 edge SCV31」を含む)は新しい基準で対応することになり、購入後180日が経過すればSIMロック解除が出来るようになりました。
事務手数料は店頭対応が3,000円(税抜き)でWebサイト利用は無料となっています。

 

またdocomoとは異なり、譲ってもらったスマホや白ロムでも「auでの購入履歴がある端末」であればSIMロック解除に応じてもらえます。

 

au:「SIMロック解除の開始について」

 

4.SoftBank

SoftBankでは2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)について、購入日(当社システムにて記録されている販売日等)より181日目以降にSIMロック解除が出来るようになりました。
(2015年5月29日に発売する「Galaxy S6 edge」以降の機種が対象です)

 

また解約済み製品のSIMロック解除可能期間は、解約後90日以内となります。解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人に限り可能です。
事務手数料はソフトバンク取扱店が3,000円(税抜き)で、「MySoftbank」サイト上で手続きする場合は無料となっています。

 

SoftBank:「ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する」

 

5.率直な感想です

 各社の発表を見ての感想ですが、現時のところSIMロック解除義務化はあまり意味がなかったように感じます。
現在大部分のMVNO事業者はdocomoの再販であるため、docomoの端末からこれらのMVNO事業者に移る場合はあえてSIMロック解除する必要はありません。
海外で使用するにしても、現地のSIMを調達して設定を変更して使うにはちょっと敷居が高いので短期滞在では何かと面倒です。

 

またdocomoの端末でau系列のMVNO事業者に移る場合は、端末の対応周波数の問題などでもしかすると素直にauの白ロムを購入するか、これを機にSIMフリー機を購入する方が良いかもしれません。

 

どちらにせよ「SIMロック解除」をする必要がある局面は限られてしまうように感じます。

 

今後iPhoneの新型が発売された時こそ色々な意味で「SIMロック解除」の真価が問われるのではないでしょうか?

 

Pocket