MVNOSIM(格安SIM)を使う
MVNOSIM(格安SIM)を使う > MVNOとは > MVNOのデメリットとその対策

MVNOのデメリットとその対策

格安スマホや格安SIMに代表される「MVNO」ですが、様々なデメリットがあります。
しかしこのデメリットに上手く対応することが出来れば、大手キャリアと比べて圧倒的に安い料金でスマートフォンを使うことが出来ます。

 

MVNOの主なデメリットには

・使える端末と使えない端末がある。
・キャリアメール(~@docomo.ne.jp など)が使えない。
・家族間無料通話がない。
・通話定額サービス(カケホーダイなど)がない。
・設定などは全て自分で行う必要がある。
・キャリアのサポートを受けることが出来ない。
・時間帯によって通信速度が低下する。

などがあげられます。

 

使える端末と使えない端末がある。

2015年5月から「SIMロック解除への対応」が義務付けられることになりました。
ほとんどのMVNO事業者が「docomo」の回線を使用していたため、「docomo」の端末はそのまま使うことが出来ましたが、これからは「au」や「softbank」の端末でも「SIMロック解除」をすればMVNO事業者のSIMを使うことが出来るようになります。

注:端末が対応している周波数帯には注意が必要です!

 

キャリアメールが使えない。

回線をMVNOに変えてしまうと、今まで使っていたキャリアメールアドレス(~@docomo.ne.jp など)が使えなくなってしまいます。
でも考えてみて下さい。今現在キャリアのメールアドレスでやりとりしている割合はどのくらいでしょうか?
「Line」やその他のSNSを使うことがほとんどで、キャリアメールアドレスはあまり使っていないのではないでしょうか?
これを機に永久に変わることのないメールアドレス(Gmail等)に変えるのも良いかもしれません。

 

家族間無料通話や通話定額サービス(カケホーダイなど)がない。

これはどれだけ電話を使うかで変わってきます。
仕事などで通話することがとても多い場合は、メイン回線をMVNOにすることはお勧めできません!
でも通話をガラケー回線に戻して、データ通信のみをMVNOにする2台持ちにすることで、全体の料金を抑えることは出来ると思います。

 

サポートがない、設定を自分で行う必要がある。

最近では「イオンスマホ」や「Y!mobile」など店頭でサービスを受けることの出来るMVNO事業者や、大手家電量販店にカウンターのあるMVNO事業者も有ります。
電話サポートだけで不安がある場合や回りに相談出来る人がいない場合は、こうしたMVNO事業者を使うことも考えてみても良いと思います。

 

時間帯によって通信速度が低下する。

MVNO事業者は大手キャリアから「通信帯域」を借りてサービスを行っているので、多くの利用者が集中する昼休みの時間帯などは、思ったほど通信速度が出ないのが現状です。
これには「IIJmio」や「OCN モバイル ONE」などの「公衆無線LAN」が使えるMVNO事業者を選択することや、Wi-Fiスポットを利用することで対応する以外はなさそうです。

 

Pocket