MVNOSIM(格安SIM)を使う
MVNOSIM(格安SIM)を使う > 通話アプリ > SMARTalkを使ってみました

SMARTalkを使ってみました

1.MARTalkとは

「SMARTalk」は楽天・丸紅グループの「フュージョン・コミュニケーションズ株式会社」が手がける「050番号付与IP電話」です。

 

月額基本料金無料で「050」から始まる番号を持つことが出来ます。発信はもちろん着信も出来て通話料金も「8円/30秒」と大手キャリアと比べ大幅に節約することが出来ます。

さらに留守番電話、着信転送、非通知・指定番号の着信拒否の機能が全て無料で使えることも魅力の一つです。

 

2.申込み方法

申込みは「SMARTalk」のwebサイトから申し込むことが出来ます。

 

smartalk_order1

 

*申込みには本人名義のクレジットカードが必要となります。

 

「SMARTalk」の設定に必要な「SIPアカウント情報」の参照や「留守番電話・着信拒否設定」などは「MyPage」から行います。

 

smartalk_mypage

 

3.SMARTalkアプリ

「SMARTalk」を利用するためには、AndroidとiOSそれぞれに対応した「SMARTalkアプリ」を使用します。

 

SMARTalk_app

 

4.プッシュ通知

「SMARTalkアプリ」は「プッシュ通知で着信可能」なため、アプリをバックグラウンドで起動しておく必要がありません
このためバッテリーの消耗を抑えることが出来ます。

これには「SMARTalkアプリ」の「設定」-「着信方法」で「プッシュ通知」に設定します。

 

smartalk_p0

 

使用する際は、スマートフォンの起動時に一旦アプリを起動させた後に終了させるだけです。
この際「通知領域」に「SMARTalk省電力待機中」の表示と「青色アイコン」が表示されている必要があります。

 

smartalk_p1

 

5.複数端末で使う

「SMARTalk」アプリには複数端末で利用できる機能があります。複数端末での利用は、同一アカウントで1台は「発信着信両用」、もう1台は「発信専用」という使い方です。

 

設定は簡単で、発信専用で使用したい端末の設定で「発信専用で利用する」を選ぶだけです。(残念ながら複数台で同時に着信することはできません。着信音も鳴りません)

 

6.通話音質

IP電話で気になるのは通話の音質ではないかと思います。

 

「SMARTalk」を使ってみた感想ですが、まずWi-Fi環境については遅延すること無く通話することが出来ました。
またLTE回線についても遅延は発生せず多少「こもった感じ」の通話状態でした。OCNの低速回線時では若干の遅延が発生したように感じましたが、実用には差し支えのない程度でした。

 

次に心配していた3G回線ですが、やはり電波状態の悪いところではコンマ何秒かの遅延が発生し、若干会話しにくい状態となりました。

 

注:個々の回線状況で感じ方は変わってきますので参考にとどめて下さい。

 

7.取りあえず試してみる

SMARTalk100
IP電話の通話音質やアプリの使い勝手などは、実際に使ってみないとわらないと思います。
「SMARTalk」は月額基本料金がかからず解約手数料も発生しません。また初回申込時に利用期限の無い100円分の無料通話が付属していますので、是非一度「SMARTalk」を試してみてはどうでしょうか。

 

Pocket